七五三や日本の子供たちのお祝い




七五三のお祝いは、男の子は3才と5才に、女の子は3才と7才に行うもので、そこまで健やかに成長してくれたお祝いと、今後の更なる成長祈願を、神社の参拝をする日本の伝統行事です。

お祝いする地域によっては、七五三を男の子は5才のみというところもあります。

七五三の年齢は、以前は満年齢となる数え年でしたが、近頃はこだわらない傾向も増えています。

七五三は毎年11月15日とされていましたが、15日前後の土日にズラす傾向も、現代的といえるでしょう。

七五三が、まず最初に3才でお祝いをするのは、栄養が少なかった昔の時代において、子供が3才まで無事で生きていてくれることは、簡単なことではありませんでした。

続きを読む

(C) 2010 七五三