七五三を11月15日に祝う由来




七五三は、毎年11月15日のお祝いごとだと、長い間決まっています。

七五三は、なぜ11月15日になったのか、ご存知ですか。

由来は、三代目将軍の徳川家光が、四男の後の五代将軍綱吉となる徳松が虚弱体質であったために、5才の七五三のお祝いである「袴着(ハカマギ)の儀」を、慶安3年(1650年)11月15日に盛大に祝ったという説があります。

11月15日は、その当時の暦の「宣明暦(センミョウレキ)」の「鬼宿日(キシュクニチ)」にあたります。

鬼宿日は、現在の「大安吉日」の元祖ともいわれる、月の軌道の28星座の「二十八宿」の中で、最良の日だということです。

「宿」は、中国生まれの星座をいいます。

続きを読む

(C) 2009 七五三