祝い着を七五三用に仕立て直し




七五三で着る衣装は、お宮参りで着た初着の祝い着を、仕立て直して用いることができます。

男の子は5才の七五三に、女の子なら3才の七五三の際に、いかがでしょうか。

お宮参りといえば、生後1ヵ月くらいの赤ちゃんを連れて、産土神(ウブスナガミ)様に参拝する行事であり、産土神様は人間が生まれた土地に宿る守り神であることから、誕生して初めて行き、赤ん坊の健やかな成長をお願いする行事です。

着物は、男の子は鶴や鷹のおめでたい絵柄と、父方の実家の家紋や五ツ紋の「熨斗目模様」が伝統です。

女の子が着る衣装には、紋は入れずに、友禅模様の祝い着が、正式だとされています。

続きを読む

(C) 2009 七五三