七五三やお宮参りに用いる家紋




七五三やお宮参りに着用する、男の子用の着物には、5つ紋を入れるのが正式だとされています。

七五三などの着物に入れる紋というのは、どういう決まりがあるのでしょうか。

紋の種類は3通りあり、「1つ紋」「3つ紋」「5つ紋」です。

紋の数が増えるほど、紋が同じ場合は格が上がるということです。

紋入れのやり方の説明になりますが、「石持(コクモチ)」というものは、染め紋・張付紋・縫い紋(刺繍紋)といった、紋の部分が白に染め抜きしてあるものです。

染め紋の種類は、「染め紋」という紋の部分を色で染め上げるものと、「染め抜き」という紋を白くするものと、2通りに分けられます。

続きを読む

(C) 2009 七五三