七五三などの着物の紋入れの種類




七五三で着る、男の子用の着物には、染め抜きの紋入れを選びます。

七五三の主役である子供さんにとって、一生の記念に残るように、着物は伝統にのっとったものを、着させてあげたいものです。

紋入れには、七五三で用いるもの以外にも、種類が豊富なことをご存知ですか。

紋入れのいろいろな種類を、七五三に使われるものから、ご紹介していきましょう。

「染め抜き」は、紋入れの種類の中でも、最上格のものであり、白く紋の部分を染め抜いたものをいいます。

染め抜きの中にも、日向(ヒナタ)紋、中陰紋、陰(カゲ)紋の種類があり、日向紋が1番格が上となります。

日向紋の名前は、表紋や陽紋といわれることもあります。

続きを読む

(C) 2009 七五三