七五三と子供の成長を祝う十三参り




七五三は、子供が無事に育ってくれたことへの感謝と、今後の成長を願う行事ですが、関西地方を軸に引き継がれている「十三参り」という行事があります。

十三参りは、知恵もらいや知恵詣とも呼ばれたり、十三詣りと記されたりするケースもあります。

十三参りの意味は、数え年で13才になった男子と女子が、成人に達した儀礼に参拝をして、厄難をお払いしてもらい、知恵や福徳、音声を授かれますようにと、虚空蔵(コクウゾウ)に向けて祈願するというものです。

「嵯峨の虚空蔵さん」という法輪寺は、京都西山の名勝嵐山の中腹に位置するのですが、十三参りの寺として最も知られており、虚空蔵菩薩の本尊に参拝をして、祈願をしていきます。

続きを読む

(C) 2009 七五三