七五三の着物で知られる友禅染




七五三のお祝いシーズンになると、日本各地の神社で、伝統的な着物姿の子供たちを見ることができます。

七五三は、子供にとって一生残る大切なお祝いなので、縁起のいい絵柄や華やかな着物が着られています。

着物を染める技術には、七五三でも選ばれるような、素晴らしいものが何種類かあり、その中に友禅染という代表的なものがあります。

友禅染には、京友禅と加賀友禅があり、元禄時代の宮崎友禅斎が創り出したということです。

七五三で女の子が着ている着物の中には、色鮮やかで優美さが漂い、趣きたっぷりの友禅染が多く選ばれています。

友禅染の種類の「京友禅」では、京都の友禅染を指しており、世界的にも有名です。

続きを読む

(C) 2009 七五三