七五三で着たい着物の刺繍の種類




七五三用の子供の着物には、すばらしい刺繍のものが、たくさんあります。

七五三の着物選びは、一生残る記念になります。

七五三のために作られた着物がいろいろありますから、色鮮やかなものや格式が高いものや、縁起のいい絵柄などは、日本の伝統を感じさせてくれます。

子供さんが着るのですから、七五三の着物に合わせて、帯や草履も合うものを上手に選んであげたいものです。

「京繍(ヌイ)」は、技法が30種類近くもあり、中でも伝統的工芸品と指定を受けている数は、15種類にも及びます。

京繍は、平安時代に刺繍職人を抱える縫部司(ヌイベノツカサ)が、平安京ができたときに、京都に置かれたことが発端だったと語り継がれています。

続きを読む

(C) 2009 七五三