七五三の参拝人口と少子化




七五三のシーズンになると、毎年子供さんを連れた家族が、神社の付近で賑わいをみせています。

七五三という伝統行事は、昨今の少子化が反映されて、七五三で神社にご祈祷に向かう人数が、減少傾向にあるそうです。

七五三に子供たちの晴れ姿が、街のあちこちで見れなくなるのは、非常に寂しいものがあります。

少子化の実状は、一体どうなっているのでしょう。

男子が57万4千人、女子が54万5千人というのは、2006年調査の3才児の日本の人口であり、全体では111万9千人となります。

続きを読む

(C) 2009 七五三