七五三のお祝いをするときには、ご祝儀金額はいくらぐらいが相場なのでしょう。
七五三の子供さんとの関係にもよりますが、通常は3千円〜5千円、親しい間柄や親せきなどであれば、約5千円〜2万円だということです。

スポンサードリンク

七五三のお祝いご祝儀金額

お祝いを包む水引には、蝶結びの紅白のものを選び、「七五三御祝」や「御祝」などの表書きをしましょう。

表書きは、年齢ごとに3才に「御髪置御祝」や、5才の男の子に「御袴着御祝」、7才の女の子に「御帯解御祝」と書き込む場合もあります。

七五三のお祝いの表書きには、内祝を上段に、子供さんの名前を下段に書き入れます。
七五三のお祝いに現金を贈る習慣は、子供の健康を願う養育費という発想です。

七五三や、他の子供の成長祝いにあたる初節句、入園、入学祝いには、通常お返しは要りません。
お礼状として、七五三のお祝いのときのスナップ写真などを送ると、喜ばれるのではないでしょうか。

七五三のお返しを郵送するのではなく、一席設けて、お祖父ちゃんお祖母ちゃんを招いても良さそうです。

千歳飴やお赤飯を、地域の風習によっては配る場合があります。

七五三用の水引に、蝶結びが選ばれている理由には、両端を引いてほどけてしまっても、何回も結び直しが可能なことから、何回繰り返してもめでたいお祝いごとに使用される結び方だからです。

水引きには結び切りという種類もありますが、こちらは結んだ後に、二度とほどけることがない結び方なので、二度はない方がいい結婚祝い、弔辞、病気見舞いなどに用いられます。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

七五三:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://c.54lz.com/753/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。