五月人形の鎧兜のサイズは、コンパクトなものから大きくゴージャスなものまで、幅広く販売されています。
五月人形の、最近の売れ筋商品の傾向は、一段の「平飾りセット」が人気です。

スポンサードリンク

五月人形の売れ筋傾向と価格

平飾りセットの基本的な飾りは、鎧兜、弓太刀、屏風、飾り台となっており、その他のオプションとして、かがり火や両立幟なども、五月人形につけられます。

鎧と兜との、どちらを五月人形飾りの軸に持ってくるかは、購入者のお好みといえるでしょう。

五月人形の伝統的なスタイルの本式としては、兜は略式にして、鎧は全身を防御してくれるということから、長男の五月人形には鎧となっています。

兜よりも鎧の方が高価な傾向が顕著になっていますが、近年では小さくて置くスペースに困らない鎧や、二曲屏風飾りで五月人形を飾る場所を選ばないもの、値段も安く収まるものなどが、売れているとのことです。

五月人形を飾るスペースは広く取れないという方には、数万円台で購入できる、兜飾りがあります。

五月人形を飾るスペースはなくても、お金をかけて良いものを置きたいという方は、10万から30万円くらいの小型鎧飾りや高級兜飾りがあります。

予算も場所もたくさんあるという方には、大型の鎧飾りで、18万円以上のものがあります。

名将の五月人形人気は、1位から順番に、伊達政宗、徳川家康、上杉謙信、織田信長と、ご当地名将は人気があります。

直江兼続の鎧兜は、NHK大河ドラマ「天地人」の影響で、2009年にはどこの人形店にも置かれて人気となっています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

五月人形の選び方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://c.54lz.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。